人気ブログランキング |

<   2006年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

京都・大阪旅 2日目 その4

京都にお別れをして大阪梅田へ。
大阪の友人と待ち合わせ、ホテルの地下で食事。人が少なくてお店に入ったときの客は私たちだけでした。ピザもパスタもデザートもおいしかったですが、おしゃべりの楽しさには叶いません。
いつも明るくチャーミングな友人の東京で一緒に働いていた頃の話を聞いていろいろ考えさせられました。

友人と別れて大阪城の近くの今夜の宿へ。
・・・タバコ臭い・・・。ドアも高さが160センチくらいしかありません。しかも自動ロックではありません。私の泊まった部屋はチェーンが知恵の輪状態で掛けることができませんでした。

今回の旅の発端はこの夜のイベントのため、です。
大晦日・元日と自宅以外で過ごすのは初めて。

大阪ビジネスパークの通りのイルミネーション。大晦日の寒空に青いライトがきれい。
d0091021_22353668.jpg

大阪城ホールに接する石垣です。秀吉もびっくり(笑)右上の小さな光は月です。
この時点で新年を迎えています。午前1時半くらいかな。
d0091021_2237669.jpg

大阪城。初めて見ました。きれいです。
d0091021_22385715.jpg

おやすみなさい、大阪城。さようなら、2006年。大変だったよ。
はじめまして、2007年。あなたに逢うとは正直なところ思ってませんでした。
よろしくね。
by Neko-Dama-c | 2006-12-31 20:30 | スピリチュアル

京都・大阪旅 2日目 その3 野宮神社

再び京福電鉄に乗り、嵐山へ。今回、初めてメジャーな観光地へ(^^;)
人がとにかくたくさんいます。季節なのか中国からの旅行者が大勢いらしてました。
美空ひばり記念館がクローズ。こちらにあったこと自体知りませんでした。
駅を降りて渡月橋とは逆の方向へ。
うっそうとした竹林の中の道を奥へと進むと大勢人がいて、野宮神社があります。
黒い鳥居が特徴。光源氏ゆかりの神社です。思ったよりとても小さい。
境内の中央には願い事を書く木札があり、大勢の人が書いてました。
d0091021_2225383.jpg

「縁結び」で有名なので若い女性がほとんどです。
手水鉢。変わった形です。
d0091021_2220238.jpg

本殿。なんとなく可愛らしいです。
d0091021_22212550.jpg

本殿の右側にも末社がいくつかあり、うちひとつはお稲荷様でした。
d0091021_2224860.jpg

竹林。
d0091021_222831100.jpg

京都へ戻るためにJR嵯峨嵐山駅へ。思ったより歩きます。本数も少なく、ドアの開閉も手動でした。
by Neko-Dama-c | 2006-12-31 11:30 | 神社

京都・大阪旅 2日目 その2

城南宮の最寄り駅、竹田駅から京都に戻り、バスで移動、京福電車(クラシックな車輌でしかも一両編成の路面電車!江ノ電よりスリリング~)に乗って『蚕ノ社』へ。
駅を降りてからどう行ったら良いのかわかりません。地図は持って来ませんでした。
通行人もいません。お店も閉まっています。・・・バス停にひとりだけ男の人がいました!
道を聞くと丁寧に教えてくれました。一本道です。住宅街に突然、森(杜)が表れました。

*木嶋坐天照御魂神社 (このしまにますあまてるみたまじんじゃ)
難しいお名前なので、道を尋ねるとき、「このしまなんとかじんじゃってどちらでしょう?」と聞いてしまいました(笑)でも「ああ、かいこのやしろなら・・・」とすぐわかる方でした。
今回、神社の場所を尋ねた場合は即、こうした明快な答えが返って来ました。
逆に神社から駅の場合、何度道を尋ねたか・・・。

道路際に建っている鳥居です。質実剛健、といった風情。鳥居の中と外、空気がかなり違います。
d0091021_21575797.jpg

鳥居を一歩くぐったところ。拝殿。右側は社務所。参拝者は誰もいませんでした。
d0091021_21595560.jpg

本殿。右側にそびえる杉の木が目立ちますね。都会だったら切り倒されそう。
右側にある石碑?に「縮緬」の文字が見えます。蚕にゆかりがあるので京都近辺の織物関係の生業の方に信心されているのでしょうか。
d0091021_2225960.jpg

右側が本殿。左側はこちらの有名な三柱鳥居への鳥居。
d0091021_2251683.jpg

こちらが有名な三柱鳥居です。ふしぎ~。不安定な感じや妙な感じは不思議とありません。
なんとなく3方向なのではなく、しかるべき方角を向いているそうです。
前の写真の鳥居をくぐると一段下がり、竹垣があり、そこからこちらの三柱鳥居が拝めます。
昼なお暗き、でした。
d0091021_2275566.jpg

by Neko-Dama-c | 2006-12-31 10:00 | 神社

京都・大阪旅 2日目 その1 城南宮

*城南宮~蚕の社~野宮神社

京都は初日だけで済ませて2日目は住吉大社に行く予定でしたが、
初日に思ってなかったところ(御金神社・下鴨神社・上賀茂神社・北野天満宮)に行ったため時間切れで行けなかったところが3社もあったので、2日目も京都を回ることに。
こういう自由さはフリーの一人旅ならでは。


・城南宮
京都の観光地とは逆側にあります。京都からとても近いのですが、静かな住宅地。
バスの本数が少ないので駅から歩きました。複雑な道ではありませんが20分ほどかかりました。
方位除けの神社。地元の方が切れ間なく古いお札を納めに来ていました。
新年の準備や御祈願の人の対応も忙しそうで、巫女さん、神主さんともに走ってました。
こちらの鳥居の手前もまっすぐの道でフツウの舗装道路ですが参道なのでしょう。
反対側の駐車場には車に祈願をして下さる場所がありました。
d0091021_10575420.jpg

本殿に向かう鳥居。拝殿があります。昨日お参りしたどこもそうでしたが拝殿にお酒や鏡餅などのお供えがたくさん。
d0091021_1102692.jpg

鳥居にある紋。星・月・日を表すようです。
d0091021_1125240.jpg

拝殿にずら~っと並んだ鏡餅が圧巻。関東でもこんなに鏡餅のお供えってあるのかな?
d0091021_1153058.jpg

本殿。なんというかキリッとした雰囲気です。壮年の男性の背筋の伸びたたたずまい。
d0091021_1172182.jpg

本殿を左斜め後ろから写したもの。
d0091021_1110079.jpg

本殿左側の扉から中を写したところ。左右に同じ数ずつ末社があります。静寂。空気が違います。
d0091021_11114441.jpg

神様にそっと・・・神様に耳打ちってあり?かなり心惹かれましたがやめました。
d0091021_11134898.jpg

本殿の囲いの外、右斜め後ろから写したもの。本殿の周りぐるりと有料の庭園になっています。そちらから撮影しました。
d0091021_11162314.jpg

本殿の鳥居から道路際の鳥居の間にもいくつか末社があり、そのうちのひとつ。立派です。
こちらにもちゃんと鏡餅。
d0091021_11144538.jpg

こちらも末社のひとつ。唐渡、とあるので唐から渡ってきた?という意味??
d0091021_11184069.jpg

こちらは本殿と対峙した位置にあります。参道をはさんだ向かい側。小さいですが、本殿にかかる鳥居にある紋と同じ紋がこちらのお宮にはあります。良い感じでした。鳥居と階段の向きがずれているのが謎。
「三照」とあるのは星・月・日、それぞれの光が照らす、というところから来ているのかも。
(勝手な推測です)
d0091021_1120426.jpg

d0091021_11225185.jpg

by Neko-Dama-c | 2006-12-31 09:00 | 神社

OOSAKA

2006.12.30 夜。
ひとり飯は味気ない。
かといって、気の合わないニンゲンとの食事の味気なさよりはマシということは知っている。
d0091021_0232671.jpg

老舗みたい。おいしい。けど去年行ったとこのほうがおいしい。
d0091021_0263240.jpg


大阪らしい、と思った照明。
d0091021_0245762.jpg


2006.12.30 深夜。
酒飲み階段。上がることも降りることもできません。
d0091021_020325.jpg


2006.12.31 早朝。
これも大阪。心象風景だな、と。
d0091021_0213647.jpg

by Neko-Dama-c | 2006-12-31 08:00

大阪、某喫茶店 京都・大阪旅 1日目 その4

今回の旅の目的の2つ目。
大阪心斎橋にある(正しくは船場)某喫茶店に行って来ました。
この日は年内最後の営業日で閉店間際に滑り込み。
なんとか用は足りました。おもしろかったです。
おもしろかった、というと語弊があるかもしれません。腑に落ちる、という表現がより近いです。
納得できます、というか。
d0091021_10502069.jpg

by Neko-Dama-c | 2006-12-30 17:00 | スピリチュアル

北野天満宮 京都・大阪1日目 その3

北野天満宮

行く気は全くありませんでした。菅原道真公の祟りを恐れておまつりしたんでしょー。
勉強の神様でしょう~?もう関係ないもんねー、と思っていたので。
上賀茂神社から京都に戻るのに、途中一回バスの乗り換えをしたのですが、
そこで反対方向に乗ってしまいました。そうしたら間違った方向の2つ目の停留所が北野天満宮だったので、せっかくだから寄りますか、(←態度悪い)というわけで参拝。

大鳥居の外から本殿近くの鳥居まで、ずーーっと屋台が出て正月の準備中です。
楼門前の参道。左右に末社が並んでいます。立派です。
d0091021_10333064.jpg

末社にお参りしている人がかなりいました。こちらはとても親切(?)なことに、各末社に効能というか、どういうお願い事に良いかが書かれていました。
d0091021_1035118.jpg

本殿の前にはお参りの人が行列していました。御守を買い求める人も列をなしてました。
中学生くらいのお子さんを連れた親御さんが多いです。みなさん、お願いも長い。
立派な楼門。
d0091021_103749100.jpg

長蛇の列。上に写ってるUFOみたいなのは照明です。
d0091021_10392544.jpg

道真公のイメージからもうちょっと禍々しいとまではいかなくても重い感じかと思ったら全然そんなことないですね。
末社、摂社のお宮はふつうは木の扉があるだけだと思うのですが、本殿正面の参道にある末社はそのままでしたが、正面左側にある末社では、扉の前に御簾が下ろされてました。ただの簾じゃなくて、ちゃんときれいな御簾。みやび~な雰囲気でした。ちょっとしたことですが。
d0091021_10402288.jpg

勉強しすぎて目が真っ赤?な牛さん。天満宮ですから梅の木がいたるところにあります。
d0091021_1042438.jpg

by Neko-Dama-c | 2006-12-30 16:10 | 神社

上賀茂神社 1日目 その2

書いたもの、ぶっとびました・・・かなり長時間かかってたのでぐったりです。


上賀茂神社。
下に行ったら上も行かなくてはねー、と思い、かなり遠くなるけれど行くことに。
「遠いなぁ。バス路線図の端っこや。ここ行ったら間違いなくほかのとこ行けんようになるなぁ。せやけどいかなあかんなぁー」と嘘っ子関西弁で内心思っていた。
バスの乗り継ぎ等とんとん、とうまく行き、入る前に名物・焼き餅を買って食べた。
この日、家を出てから初めて食べる食べ物である。
日差しは明るかったが鳥居をくぐったあたりでにわか雨というかみぞれのようなのがちらちらっと降ってきたりした。

一の鳥居。境内案内にも一の鳥居とあるのだが、なぜだか二の鳥居じゃないかなーという感じがする。
入るととにかく広い。参道の両側に芝生が広がり、前日の雪でこしらえた雪だるまが融けかかっていくつか転がっていた。
d0091021_052338.jpg


二の鳥居。入るとすぐに拝殿。そして拝殿の前には見たことの無い三角錐の砂山がふたつ。
“立砂”というそうです。向かって右側の先端には松葉が差してありました。男女とかを表すのでしょうか?
d0091021_0541253.jpg

d0091021_0553026.jpg

下の写真は斜め後ろから写したので、奥が前から見た向かって右になります。
d0091021_056096.jpg

奥の建物は下鴨神社と同じく橋の上に建っている橋殿です。屋根が白く見えるのは雪のせいです。何かの撮影?と思ったのですが、この女性、平山みきさんでは?
d0091021_0582661.jpg

須波社。上賀茂神社の前庭を守っているそうです。かなり古い建造のようです。
なんだか妙に嬉しくなって誰も登ってないのに1人でお参りして嬉しくなってました。
d0091021_058508.jpg

須波神社のすぐそばです。縄囲いが点在。たぶん、昔はこちらにも小さなお社があったのではないかと思います。
d0091021_0591721.jpg

HPの境内案内には「片岡社」とありますが、説明板によると「片山御子神社」とありました。
隣にあるのは橋なのですが、立派な屋根がついています。この橋を渡ると本殿があります。
d0091021_101491.jpg

楼門。華やかなのですが、すぐ前には小川が流れていて、前の道もとても狭いです。一の鳥居から二の鳥居までの開放感からすると、ちょっとお参りしづらいというか、狭い感じがしなくもありません。
全体を写すのが難しいです。
d0091021_184433.jpg

本殿。新年を迎える準備のために残念ながら近くでお参りできませんでした。
しめ縄が宝船の形をしていました。
d0091021_1105498.jpg

橋本社。歌や芸事の神様だそうです。小さいですがいい感じです。
d0091021_113399.jpg

妙に気になったのですが・・・どこから行けばいいのかわからず。向きも「?」磐(岩?)本社かな?
他にも二の鳥居の近くに奈良社とかいろいろ。
d0091021_1172917.jpg

京都らし~っ!と思った景色。勅使殿という建物の中庭というか前庭。
d0091021_1203541.jpg

by Neko-Dama-c | 2006-12-30 14:30 | 神社

神泉苑~晴明神社(~御金神社)~下鴨神社~上賀茂神社 その1

京都神社巡り。

*神泉苑
二条城のすぐ近く。
昔は貴族が舟遊びをしたり和歌を詠んだりしたお庭のようです。
今は料亭のお庭になっています。恵方社といって、その年の恵方を向いた小さな祠があり、毎年、大晦日の0時に次の年の恵方に向けるそうです。

この太鼓橋の右側に恵方社。手前には不動明王のお堂があります。お寺か神社か庭か良くわからない。
d0091021_21522753.jpg

これが恵方社。急に猛烈は日差しになりこんな写真に。2006年の恵方を向いてます。
d0091021_21541833.jpg

恵方社の隣にあったお堂の屋根瓦。鯰。愛嬌あります。火臥せの龍はありますが、これは地震臥せ?
d0091021_21554785.jpg


*御金神社
神泉苑から晴明神社へ行く途中、地図を見たら「御金神社」とあったので道を尋ねながら行ってみました。・・・きんぴかの鳥居にびっくり(笑)お供え物や絵馬がたくさん。絵馬の絵柄はイチョウの葉でした。
d0091021_21571637.jpg

d0091021_21595128.jpg


*晴明神社
全てが新しい感じでした。『陰陽師』以降に新しくしたのかもしれません。
一条戻り橋。元の場所からこちらに移されたのか、ここに改めて造ったのかわかりません。
d0091021_2212653.jpg

桃。なでまくられてピカピカ。
d0091021_2224575.jpg

晴明井。ブルーシートがイケマセン。(新年を迎える作業中でした)
d0091021_223397.jpg

一条戻り橋のあるところに一の鳥居があり、細い道路を挟んでこちら、二の鳥居と本殿があります。
d0091021_226940.jpg


*下鴨神社
朱塗りが多く華やかな神社でした。

楼門。豪華。
d0091021_22171958.jpg

楼門から拝殿を望む。手前に写ってるのはヤタガラス君とヤタガラスちゃん(本当の名称は不明)ですね。キャラクターグッズが売ってました。
d0091021_22444660.jpg

出雲井於神社(いずもいのへのじんじゃ)。重要文化財だそうです。手前に写ってるのは井戸。
「井於」は井戸の近く、という意味ではなく、川の近く、ということです。
d0091021_22161689.jpg

本殿の右奥、小川を越えた向こうにある小さなお宮です。みたらし川(水が沸いてるらしいのですが)にあり、みたらし団子発祥、とありました。調べようとしたら公式HPにはそういったことは載ってませんね。
d0091021_2219225.jpg

本殿側から太鼓橋と橋殿、というのかな。橋の上に建ってます。橋の下にはお札を捨てられる箱が設置されていました。
d0091021_22254899.jpg

本殿・・・なのかなぁ。中に入ると(入れたのですが)左右・中央に十二支が一社に二支ずつ祀られてました。
d0091021_2228312.jpg

隣り合う干支同士ではなく、向かい干支の組み合わせでしたね。
d0091021_22305527.jpg

更に奥になんだかすてきな建物が。三井神社、だそうです。重要文化財。
東:伊賀古夜日賣命(いかこやひめのみこと)、中:建角身命(たけつぬみのみこと)、西:玉依媛命(たまよりひめのみこと)。中社に祀られている建角身命の妻が東社で、娘が西社、ということだそうです。
d0091021_22325053.jpg

斎串。これに名前を書いて、身を拭って、2つに折って橋殿のところにある箱に入れます。
d0091021_22343329.jpg

数量限定のお守りがありました。各20、だったと思う。2種類以外は売切れ。雷除けより恋愛が人気あり。
d0091021_22375147.jpg

縁結びにも力を入れているようです。
お賽銭箱にも「幸千」で「さいせん」と読むようで(漢字って素晴しい)。赤い柵に花束が刺さってます。恋愛成就祈願で花束が供えられるようになってます。左側は2本の木がくっついてる相生の木。
d0091021_2241910.jpg
 
手水鉢が舟でした。数量限定御守にも船玉御守があったので何か関係があるのかも。
d0091021_22433074.jpg

by Neko-Dama-c | 2006-12-30 10:30 | 神社

早駆けKYOTO

神泉苑→晴明神社→御金神社→下鴨神社→上賀茂神社
予定大幅に変更しました。京都は変な天気で前日の雪があちこち残ってました。
照ったり降ったり。

京都→大阪心斎橋(船場)(※なかなか面白かったですよ)
心斎橋周辺、おもしろいです。飲食店は東京より圧倒的によさそうな店多い。
『にし家』さんでうどんいただきました。

京都行きそこなったところたくさんあるので明日は住吉さんはやめて京都リベンジです。

くたくたです。

明日は京都から心斎橋に戻って友人と会う予定です。

夜は大阪城!



寂しさの 
底抜けて降る
みぞれかな


誰だか忘れました。

今んとこ、いい写真は撮れてへんねぇ~。

ほな!(笑)
by Neko-Dama-c | 2006-12-30 09:23 | 神社


つれづれ生きております


by Neko-Dama-c

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

鵜澤 雅 十七回忌追善能
at 2013-12-23 12:30
ユネスコ
at 2013-12-22 12:52
定例公演
at 2013-12-18 18:15
国立能楽堂30周年記念「あぜ..
at 2013-12-17 18:30
金春円満井会 特別公演
at 2013-12-15 13:00

メモ帳

検索

カテゴリ

全体
神社
占い

お能
スピリチュアル
2008 神社
映画

タロット
2008夢
2009~ 映画まとめ
2009~ 酒まとめ
2011.07~お能まとめ
2011 酒
2010 酒
2009 酒
パスワーク

2008 酒
toni
ACIM 課題
ACIM 本文
2012 酒
2013.1~ お能まとめ
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月

フォロー中のブログ

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

画像一覧