人気ブログランキング |

<   2007年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

桜花散る 最後を飾る

川崎へ。

どんよりーと今にも泣き出しそうな空模様。
どんよりー。

曇り空の暗さでまるでモノクロのような桜が満開でした。
思いがけず花見が出来てラッキー。

*女躰大神(にょたいおおかみ)
なかなかインパクトのある名前の神社です。
「おんめさま」という俗称もあるようです。
幸区幸町。
幸区紺屋町にも女躰神社はありますが、私が行ったのは幸区の方だけ。
地図を見て、どうも場所の把握が出来なかったのだけど、行ってみたら
ラゾーナ川崎の道を挟んだ隣にありました。
鳥居には用の無い人は入らないように、と車止めが置いてありました。
でも中では子供たちが3人遊んでいます。
ご祭神はイザナギ・イザナミ・アマテラスなどが並んでいますが、
伝えられるところによると、その昔、川が度々氾濫し、地域住民が難儀を強いられていた
ところ、ある女性が身を投じ我が身を犠牲にした。
それから氾濫は治まった。
その徳と行いに敬意を表して祀った、とされているそうです。
そのためか、女性の悩みを解決し、願いを叶える、安産の神様という情報もあったりします。
d0091021_21554188.jpg

なんだかほんわか。
d0091021_21565996.jpg

満開。風が吹くたびに花弁がはらはら。
d0091021_2205538.jpg

神社の境内には幼稚園もあります。とても小さな幼稚園。
d0091021_2244481.jpg

拝殿の彫刻がちょっと変わっていました。龍は3頭、獅子と象。
d0091021_227026.jpg

境内に幼稚園があるので、拝殿の隣にこんなものがありました。卒園記念のようです。
すごくかわいい(^^)
d0091021_2210586.jpg

さくら。
d0091021_2214962.jpg

男のたち、砂を手で集めてずっと遊んでました。
d0091021_22153311.jpg



*稲毛神社
mixiのコミュでおすすめされた神社。
川崎の総鎮守だそうです。こちらの桜はもう満開を少し過ぎてました。花吹雪がすごい。
あらかじめご祭神を調べて、お稲荷さま系ではないことを確認して行ったのですが。
・・・このはためく赤い幟・・・これは稲荷のシルシ~。
d0091021_22192739.jpg

いきなり末社がずら~っと。でもこの3つの末社はお稲荷さまではありません。
奥の灰色のお宮は屋根と檻で囲まれています。子神社。子神社があるということは大黒様とゆかりが?
d0091021_222153100.jpg

d0091021_2229754.jpg

二の鳥居?最近、この形の鳥居に合うのは3回目。
d0091021_2227779.jpg

大銀杏。なぜ上の部分が無いかというと、戦災で被害を受けたそうです。その後、復活。
d0091021_22302636.jpg

ちょうど、お宮参りに来ている家族がいました。桜を前に記念撮影。
d0091021_22332747.jpg

睨み狛犬。現代彫刻家の薮内佐斗司さんの作品です。ブロンズ製。
d0091021_22361571.jpg

大銀杏と子神社の間にお稲荷様があります。人気があるようです。
d0091021_2242470.jpg

日本の景色。
d0091021_2248214.jpg

by Neko-Dama-c | 2007-03-31 15:00 | 神社

いま咲き誇る

飲み会の後で駅に向かう途中、桜見ない?ということで
増上寺にお邪魔しました。

うひゃー!桜越しに東京タワーがライトアップされていてめちゃくちゃきれい!
デジカメ持ってくれば良かったーっ!と悔しがる私たち。

たくさんある桜の木がほぼ満開。
d0091021_182994.jpg

一緒にいた人が「日本っていいよね~」と言っていたが、こういう景色を見るとなるほどそう思える。
d0091021_192534.jpg

by Neko-Dama-c | 2007-03-30 21:30

花のごとく散りにけり

初めて泉岳寺に行った。
用があったのだが、少し早くついてしまい、あまり来ることも無さそうなので
泉岳寺へ。
泉岳寺といえば、あの赤穂浪士、四十七士のお墓があるお寺です。
大きくて立派。曹洞宗。
ちょうど、楼門の桜が見事に咲いていました。
せっかくなのでお墓まで行ってみました。
ひとつひとつが小さく、当時は土葬だろうに、この間隔で埋まってるのか不思議なくらい。
それに、土が無い。コンクリートで固められていて、とても乾いた感じでした。
やることやったから無念とか無いのかも。

こちらは女子高生4子。急に日差しが強くなった。
d0091021_0524934.jpg

桜を携帯で写す人がたくさん。
d0091021_0544868.jpg

桜越しの門。これぞ日本!という感じかな?
d0091021_0564451.jpg

門の全景はこう。立派。重厚。
d0091021_057393.jpg

本堂。
d0091021_0594364.jpg

桜~。
d0091021_105585.jpg

桜さくら、桜咲く~。
d0091021_125041.jpg

by Neko-Dama-c | 2007-03-29 15:47

花に嵐の例えもあるさ/この盃を受けてくれ

念願の吟醸バーに行ってきました♡
http://www.ginjyoshu.jp/bar.html
楽しかった・・・楽しすぎる(笑)

d0091021_23484866.jpg


やっぱり東京はこういうのがあるからいいよねー。

d0091021_2351465.jpg

日本全国の産地からのお酒が揃っています。期間ごとに出るお酒もあるし。
とりあえず、今の期間だけのお酒を三種類飲みました。
奈良:やたがらす
山形:米鶴
新潟:麒麟
ひとつ、おいしいのがあった(^^)多分、山形のお酒。どうも、やっぱり東北・北陸のお酒が好きかな。長野のダイヤ菊と山梨の七賢も好き。
立飲みってどうよ、と思ったけれど、人間、自分の足で立っていると理性がちゃんと働くのだ、ということが周りを見ていて判ったので、あれは良いシステムだと思います。
カウンターに並んで友達とひたすら喋って飲んでつまんで。
つまみも渋いです。
1000円で1100円分のクーポンがあります。
お酒は300~400円。1杯60cc。これ、かなり私にとっては適量です。
おいしいお酒だとちょっと少ない。けど、口に合わなくてもこの量なら飲める。
70ccだと辛いのは名酒センターで実感。
つまみは2品盛り400円、3品盛り500円。
1000円でクーポン買って、300円のお酒2杯と3品盛りでちょうど。
なんてステキなのかしら。
66種、全て制覇するスタンプラリーもやっている。やる人いるのか?と思ったら男性だけどいた。
5月には山梨の七賢が来るそうなので、その頃にまた行けたらいいな。

3品盛り。クリームチーズの粕漬け、鮭の麹漬け、バクライ(ほや)。うまー☆
ワイングラスです。
d0091021_23573360.jpg


あ~楽しかった。・・・ここ、行きやすいんだよね。一人で行けちゃう。
by Neko-Dama-c | 2007-03-26 19:00

焔と饂飩、神社と神社、椿から椿。


手作りろうそく講座に参加。まるい白いろうそくに色の蜜蝋を手の温度で溶かして、好きな絵柄を貼り付けていきました。
新月の夜に灯してみました。
これはデジカメの暗いところ設定。
d0091021_1135910.jpg

普通に撮るとこんな色合い。こちらの色合いの方が温かみはある。
d0091021_116986.jpg

楽しい企画をありがとうございました。長い時間かかってしまった。


香川県のアンテナショップに併設のレストランでうどんを食べました。
おいしい。名前もいいしね(笑)
d0091021_1185718.jpg


いくつもりがあったわけではなく、用があって通りがかったところに神社。
新橋・烏森神社。近くの宝くじ売場が有名?お稲荷さんです。オキツネさまはいないけど。
d0091021_121825.jpg

鳥居の形も拝殿の屋根の形も変わってます。巫女さんが使うような鈴のミニサイズのものが千円。今度買おう。
d0091021_1213217.jpg


もう一箇所、用があって行った先にも神社。駅からすぐ。初めて都電を見た。おもちゃみたい。
大塚・天祖神社。
妙な雑貨売りの若者に遭遇。営業っぽいのだが、スーツとネクタイがどう見ても喪服。
電卓とライターとキーホルダーで千円って言われてもいらないし。
d0091021_1241354.jpg

拝殿ではスーツ姿の男性たちがご祈願を受けている最中。
若い女性が「賽銭、投げていい?」と何度も彼に聞いていたが、
投げてはイケナイ。
4歳くらいの男児がなにやら真剣に願い事。帰りかけて戻ってきて賽銭箱に頭をつけて願っていた。なんだろう。叶うといいね。
d0091021_1261539.jpg


関係ないけど、我が家の椿。
『乙女椿』という名前。ふくよかでいて決して芯は見せない、でも、優しくしないと花ごと落ちる。
d0091021_1275440.jpg

by Neko-Dama-c | 2007-03-20 13:00 | 神社

あなたが海を見ているうちに

鵠沼海岸。

海の向こうには江ノ島が見えます。

おおぜいの犬が楽しそうに散歩しています。

鎌倉や江ノ島の海岸に比べて、とても砂が細かく、柔らかいです。
ふわっとしてる。足がふにゅーっと埋まっていく。

パンプスだったので砂だらけになったけれど、海は、いいね。
d0091021_23251244.jpg

by Neko-Dama-c | 2007-03-19 18:00

東京は都会だ

蒲田→雑色→八丁畷


*蒲田八幡宮
電車に乗っていて少し見えるかもしれません。ああ、ここだったか、と思いました。
横浜も、東京の大崎や五反田も駅から少し歩くところに神社があるのですが、
ここはすぐです。(JRの蒲田からは少し歩くけど)
境内を神社の方では無さそうな男性が掃き掃除をしていました。
境内にいたら、車の爆音が聞こえて、派手なメタリックブルーの車が勢いよく
拝殿前に止まりました。
出てきたのは白い上着を着た男性です。こちらの神社の人のようです。
お参りをして、階段を下りるとき、その人と目があいました。タバコを吸っていました。
良い神社だと思いますが、こういう部分を見るとちょっとガッカリします。
その間もずっと掃除をしている男性は黙々と境内を清めていました。

大きな道路に面した鳥居。
d0091021_22364749.jpg

拝殿。
d0091021_22381110.jpg

ちょっとユーモラスな狛犬。
d0091021_2240325.jpg

末社。なんだか不思議な雰囲気。
d0091021_22435865.jpg


*稗田神社(稗は草冠が付きます)
mixiのコミュで勧められた神社。
とにかく、清らかと言ったら良いのでしょうか。ほうきの掃いた後もすがすがしい。
d0091021_22441993.jpg

なぜかこの木に目が止まったのです。どこか不思議なのですが、なかなかそれがなぜか気付きませんでした。しばらく見つめていて、あることに気が付きました。
枝が全て幹の上にしか出ていません。誰かが刈り込んだわけではなさそうです。
そういう種類なんでしょうか。
『献木十本 匿名崇敬婦人』とあります。『崇敬婦人』、いいですね。
d0091021_2247471.jpg

拝殿。この神社の両側は道路で、目の前も道路です。つまり、この神社は“島”のような感じになっています。
d0091021_22491665.jpg

d0091021_22512767.jpg

拝殿の向こうに見えるのは末社です。どれも手入れがされています。
d0091021_2252183.jpg

崇敬婦人の献木から拝殿を写したところ。木の密度みたいなものが、ちょっと珍しいと思うのですが、どうでしょうか。
d0091021_22533882.jpg



*椿神社
稗田神社の前の道を駅に向かって歩いていると左側にあります。
境内にあった大田区の案内板によると、ここ椿神社は神社なのにお線香を供えるとあり、
実際に線香台がありました。こちらは“ぜんそく”に効くといわれ、供えてある麻の繊維を頂いて祈願し、治った際には3倍にしてお返しする慣わしがあるのだそうです。
実際に麻の繊維が何束かありましたが、神社さんの注意書きで「たくさん持っていかないように」とありました。
d0091021_2255258.jpg

あちこちで白木蓮がきれいに咲いていました。
d0091021_23029100.jpg


*六郷神社
六郷地域の鎮守様だそうですが、びっくりするほど立派です。
境内で子供たちが遊んでました。
d0091021_2314812.jpg

なんだかきれいですね。
d0091021_235458.jpg

拝殿。こんな立派なところがあったのね、と。第一京浜沿い、かな。
参道と屋根の向きの微妙なズレが気になる・・・。
d0091021_2362719.jpg

拝殿を斜め横から。どっしり。
d0091021_2381614.jpg

お庭に置いてあった区の文化財の狛犬。ユーモラスな顔立ち。
d0091021_2395139.jpg



*幻の熊野神社
雑色から八丁畷に行くのに、なぜか鶴見市場に乗り過ごしてしまいました。
眠っても居ないのに乗り過ごし。その時点でやめれば良かったのですが、
戻りました。
地図を片手に熊野神社のあるだろう場所を目指しました。
熊野神社があるはずの番地には住宅しかありませんでした。
グーグルで検索した地図だったのですが、神社庁で検索すると地域は同じですが
違う番地が出てきます。
移転したのかもしれません。無駄足になってしまいましたが、乗り過ごしも偶然ではないのね、
と思った方が良かった、ということでした。


雑色の獣医さんのドアにいたゴージャス猫。
d0091021_23135065.jpg



なぜ「東京は都会だ」かというと、前日に回った横浜市内の神社のいくつかが、どうにも手入れが行き届いていなかった点と比べて、この日回った東京の神社は見事に掃き清められていたから。神社自体の良し悪しは私には判りませんが、人々に思われているかの基準にはなるように思います。・・・神主さんの性格にもよるのかな?
by Neko-Dama-c | 2007-03-17 13:00 | 神社

戸部→仲木戸→神奈川

3日続けて神社巡りするとは。年末年始の京都・大阪以来。
急がねば。

*水天宮・平沼神社
こちらのご祭神は
天之御中主大神 ( あめのみなかぬしのおおかみ )
安徳天皇 ( あんとくてんのう )

神奈川県内で神奈川県神社庁で検索すると天之御中主大神がご祭神なのは箱根とこちらだけ。
大阪の星田妙見宮もそうです。妙見宮のお札を今年の元日に頂きました。
偶然、こちらのご祭神だと知ったのでお参り。
d0091021_21272625.jpg

鳥居の右側に立っている看板には運勢(星厄)が書かれていました。このうち、3つが「大凶」なんですが。左には「八方塞」も書いてありました。「八方塞」すごい言葉です。今年は昭和46年ほか。私は一昨年あたりがそうだったみたいです。当たってる!
d0091021_21293030.jpg

奉納幟が立派です。水天宮なので碇の紋。末社としてお稲荷さん、天満宮、竈三柱神社。
竈三柱神社は不思議な飾りが付いてました。自然木を利用したみたい。
d0091021_2132510.jpg

拝殿。獅子が狆のような愛嬌のある顔立ち。関東大震災でも何とも無かったのだとか。
d0091021_21363483.jpg



*杉山神社

神奈川には杉山神社がとにかくたくさんあるのですが、由緒を読むと、こちらの御神威が
素晴らしかったことから、各所に杉山神社ができたそうです。
鳥居の前に立ったら、注連縄の締めてある木が内部が黒くなっているのに驚かされます。
燃えたのか、何か病気にでもなってこうなったのかわかりませんが、痛々しいです。
d0091021_21422949.jpg

さっぱりした感じです。人がきちんと管理している清潔さがあります。
d0091021_2144289.jpg

カメラを構えようとして、まるで間違い探しのような気分になりました。
狛犬の前に、狛・・・ネズミ??
狛、ではないようです。阿吽にはなっていません。雌雄だそうで、ご鎮座1350年記念事業として設置されたそうです。右がオス、左がメス。男性は右に、女性は左にお願いをするように書いてありました。こちらは大黒様もいらっしゃるので、大黒様といえばネズミ(ちゃんと理由はあるけれど書くと長くなるので割愛)。
この写真↓上の写真↑と違うところがあります。どこだ?
d0091021_21494983.jpg

わかったかな?このネズミさんたち、実は手で簡単に回せます。ネズミの向いている方向が違います。平成13年奉納になっていたように思います。
d0091021_21454369.jpg

拝殿の右側にお宮が2つありますが、残念ながらフェンスで閉じられています。
『不本意ながら風紀衛生防犯のため閉鎖します』というようなことが書かれていました。
ひとつのお宮は5つ合祀のようでしたし、片方は八角堂のようでした。
お参りしたい方は社務所に申し出なくてはいけません。
残念なことです。


*神明宮
白い鳥居です。角地にあるからなのですが、こういう鳥居って珍しいように思います。
d0091021_21554093.jpg

中に入って、あら?拝殿はどこ?とキョロキョロしてしまいました。見渡してみたのですが、
こちらのようです。
d0091021_21572043.jpg


*熊野神社
狛犬の大きさにびっくり!コンクリートなどではありません。石造り。立派です!
あまりにも大きいので向かいの建物にくっついて引きに引いても全体が入りません。
d0091021_220171.jpg

華やかな拝殿です。入口左の神楽殿では師匠(?)と女性2人が稽古中でした。
境内も清潔で気持ちが良いです。
d0091021_221529.jpg


*大綱金刀比羅神社
こんぴらさまです。近くには石原裕次郎さんのお墓がある本覚寺があります。
非常に切り立った崖の多い起伏の激しい土地です。
こちらのこんぴらさまのすぐ裏も他のお寺さんです(右上がお寺。すごい作りだった・・・)。
d0091021_22102642.jpg

階段のあちこちにスミレが咲いていて目を楽しませてくれます。とても小さいスミレ。
拝殿です。前にたって中をみて驚きました。ふつう鏡があるだけなのですが、鏡の後ろに像が祀ってありました。こんぴら様かも。
拝殿の右側が不思議ワールドです。大きな天狗のお面のようなモニュメント(?)、お稲荷さま、
三宝荒神社、龍神様(見つけなかったけどあるらしいです)、そして、極めつけは弁天様!
こちらは数度裏山が崩れたそうなのですが、弁天様はコンクリートで固めた崖の一部をくり抜いた穴に鎮座。その前には池があります。
妙に色彩豊かでとにかく個性的。おもしろいです。
d0091021_22125891.jpg


*洲崎大神
白い鳥居。あれ?あったよな、ということで先に回った神明宮です。
ご祭神などの共通点は素盞男命だけですが、神明宮の案内板には
境内を流れていた上無川に牛頭天王のご神体が現れたことから、神明宮と洲崎大神に祠を建て、牛頭天王を祀ったという伝承があります。
と、ありました。それで?と思ったのですが、神明宮は洲崎大神の兼務社なんですね。
だから?というのも解りませんが。
d0091021_22253387.jpg

鳥居のなんだかマリンぽい?雰囲気と違って、一段上へ上がると全く雰囲気が違います。
異世界。入って左に稲荷社があるのだが、赤い鳥居の先の祠はステンレス製の檻のような柵に囲まれていて異様な雰囲気。どうしたのだろう。
石畳の参道を進むと、右側にも道が分かれるのだが、その先には何も無い。
ここにも何かしらあったのではないだろうか。
お炊き上げの後がそのままなのもちょっと驚いた。
更に上に上がると拝殿がある。
遅い時間に行ったので扉が閉ざされているのだと思ったが、すぐに『あれはいつも開いていないのでは?』と疑問が沸き起こった。そう思わせる雰囲気があるのだ。
神社としてはすごいと思うのだけど、何か違和感がある。何だろう、と考えた。
大きな樹木が多いので、落ち葉の量がハンパではない。お炊き上げの後もそのままだ。
人手が足りないか何かで手入れが全く追いついていないような様子。勿体無い。
検索をしてみたら、扉の開いている写真は一枚しか見つけられなかった。
お正月の写真だった。拝殿の扉は開いていたが、その前の引き扉は閉じられたままだった。

何か、険しい感じのする神社でした。拝殿前の対のクスノキが立派。
d0091021_2234579.jpg

by Neko-Dama-c | 2007-03-16 15:00 | 神社

出世祈願

いつも一人で神社に行くことが多いのですが、今日は友人と一緒です。

*出世稲荷
一部では有名です。見つけにくいです。お稲荷さまは苦手ですが、ここは平気。
d0091021_23405926.jpg

以前お参りしたときは自分ではなく、人のことをお願いしました。叶いました。
その後、ちゃんとお礼参りもしました。今回は頼みたい人もいなかったので自分のことをお願いしました。


お昼ごはん。玉ひでの親子丼です。おいし~(^^)
d0091021_2343014.jpg



*愛宕神社
ご祭神は
火産霊命(ほむすびのみこと)
罔象女命(みづはめのめのみこと)
大山祇命(おおやまつみのみこと)
日本武尊

初めてお参り。有名な“出世階段”があります。段差がかなりあります。しかも途中踊り場がありません。キツイ。
なぜ出世階段か、というと、ここを馬で上った曲垣平九郎さんの話から。
実際に見ると、「馬が可哀想」と思うのですが、その後も実際に馬で上った人はいるそうです。
人馬一体。
d0091021_23453552.jpg

ちなみに、鳥居のところにいるベージュのコートの男性は上らずに引き返されました。
ですが、スーツ姿の男性はじめ、参拝客は意外なほどいました。


出世階段を上がりきったところにある鳥居(三の鳥居)と拝殿。華やかです。
d0091021_23472759.jpg


拝殿の手前にあった「招き猫」・・・元?招き猫?撫でるように札に書いてあります。元はどうだったのか想像もつかないです。実際、すぐ近くにはネコがたくさんいましたが。
d0091021_2350164.jpg


門の色が朱というより紅、という色合い。三つ葉葵の御紋付き。ちょっと中国っぽささえ漂うような。
d0091021_23514012.jpg


拝殿。とても均整が取れている感じがします。
拝殿の右側にはお宮が三つ。すぐ隣は天狗さま。その隣はお稲荷さまなのですが、変わったお稲荷さまでした。前足だけついて、後ろ足は伸び~。子狐もいました。赤ではない、どなたかのお手製の前垂れをしていてどこか愛らしかったです。そのお隣は恵比寿大黒様。
d0091021_23535332.jpg


こちらのお庭はなんだか雅な雰囲気です。あんな階段を上ったところに、立派な池があるとは驚きました。錦鯉もたくさんいました。右の赤い鳥居は弁天堂で、左の水色の鳥居の辺りからは池が広がっています。
d0091021_2355394.jpg

疲れたのでしばらくベンチに座って喋っていたら、目の前の桜の枝が大きく揺れました。
覗いてみるとアオサギがとまっていました。一旦、飛び立って、また同じ枝に戻ってきたり。
少し不思議な出来事のように思えました。


*金刀比羅宮
夜は一度お参りしたことがあります。とてもステキでした。昼間はどんな雰囲気だろうかと思い、お参りさせてもらいました。
夜とは全く雰囲気が違います。こちらは夜がステキです。
新旧共存。昼休みにここに来られるビジネスマンはいいですね。オフィス街ですから。
d0091021_002512.jpg

拝殿。金刀比羅さまは日本の神様では無いそうです。勇ましいですかね。
d0091021_022153.jpg

拝殿の前にある鳥居は銅製です。左には亀と龍。右には虎と鳳。
白虎、朱雀、玄武、青龍、なんでしょうか。かっこいいですね。
d0091021_064985.jpg

お参り、というか人は結構います。自然に気持ちいい場所には集まるのかもしれません。
d0091021_085555.jpg



*日枝神社
日枝神社は何箇所か上がれるところがあります。独特の山のついた鳥居が目印。
正面にはエスカレーターもあります。足に不安のある方も参拝できます。
d0091021_0222234.jpg

拝殿を含め、中庭というか前庭のような部分をぐるり、と四角く囲っているような作りです。
d0091021_02351100.jpg

拝殿。神社の人に連れられてカップルの方が中まで案内されていました。
なんだろうと思ったのですが、多分、こちらで挙式をされる予定の方のようです。
拝殿の屋根の緑色と柱などの赤とのコントラストがきれいです。
d0091021_0264443.jpg



最後にお茶してたくさんおしゃべりして。楽しくて有意義な時間を過ごすことができました。
ありがとう~
d0091021_0281122.jpg

by Neko-Dama-c | 2007-03-15 11:00 | 神社

原宿 三角歩き

原宿にある神社を三箇所周りました。

*鳩森神社
d0091021_2341663.jpg

拝殿。
d0091021_23423067.jpg

富士塚(右側のこんもりた部分)。登れます。
d0091021_23434034.jpg


*東郷神社
d0091021_23575818.jpg

図書館に行くために何度も横は通ったのですが、お参りは初めてです。
石灯籠も門も立派です。もしかしたら一番新しいご祭神かも?
d0091021_2345884.jpg

拝殿も立派。思ったより静かな感じでした。
d0091021_23465493.jpg

桜が満開の木があって、きれいだな~と見上げると桜の花が花弁ではなく、丸ごとクルクル周りながら落ちてきます。よ~く見たら、黄緑色の大きな鳥がいました。インコ?
全身濃い黄緑色で赤いくちばし。桜の花をついばんでは、蜜の部分を吸って落としています。
クルクル・・・途中でつかみました。鳥から花を貰ったようでちょっといい気分。わかるかな?
d0091021_23525716.jpg


*熊野神社
思っていたより遠かったです。近くにすてきなアンティーク食器のお店がありました。
d0091021_23552660.jpg

戦災で焼けて、その後再建されたお宮。拝殿と手水舎は再建されたけれど、
お神輿がまだだそうです。
d0091021_2357477.jpg

by Neko-Dama-c | 2007-03-14 16:00 | 神社


つれづれ生きております


by Neko-Dama-c

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

鵜澤 雅 十七回忌追善能
at 2013-12-23 12:30
ユネスコ
at 2013-12-22 12:52
定例公演
at 2013-12-18 18:15
国立能楽堂30周年記念「あぜ..
at 2013-12-17 18:30
金春円満井会 特別公演
at 2013-12-15 13:00

メモ帳

検索

カテゴリ

全体
神社
占い

お能
スピリチュアル
2008 神社
映画

タロット
2008夢
2009~ 映画まとめ
2009~ 酒まとめ
2011.07~お能まとめ
2011 酒
2010 酒
2009 酒
パスワーク

2008 酒
toni
ACIM 課題
ACIM 本文
2012 酒
2013.1~ お能まとめ
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月

フォロー中のブログ

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

画像一覧