人気ブログランキング |

<   2007年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

いろいろ

久しぶりに横浜へ。

買うつもりは無かったが、あまりの極彩色にどんな味?と興味が沸き買ってみた。


日本ではありえない!と言いそうになるが和菓子はこのくらいの色、ある。


d0091021_0463089.jpg



買うつもりは無かったが、毎月出ていた限定品もこれで今年は最後です、
なーんて言われて買ってしまった。

d0091021_0484896.jpg


最近、こういうワインボトルタイプが多い。ラベルも。
(『KEIYYAKU SAIBAI』ってすごいよね)

中尾酒造は「幻」というお酒がおいしいらしい。
赤箱がおすすめだとか。
by Neko-Dama-c | 2007-05-31 20:00

もうすぐ

もうすぐ巣立ち。


ひとり立ちして、今日のような冷たい雨に出会うことがあっても

ぎゅうっとくっつきあってとまっていた、きょうだいたちの体温を思い出せば

ふっと力が湧いてくることもあるんじゃないか。


まだふわふわ。

d0091021_20585974.jpg

by Neko-Dama-c | 2007-05-30 20:59

空がとっても

今日の夕焼けはきれいだった。

やさしい朱鷺色。


薄いピンクのバラは満開の時期を少し過ぎた。

弱い風にもはらはらと花弁がこぼれる。


エジプトの猫のようなサバトラの猫をなで、
帰り道では白い猫に植え込みから呼ばれた。


空の美しさに気付き、

花の優しさに気付き、

消え入りそうな猫の声に耳を傾ける。


大きな存在、小さな存在。


そこに在る私。


気付ける自分に気付く。

d0091021_21462922.jpg

今日の夕焼けじゃないけど。
by Neko-Dama-c | 2007-05-29 21:47

世界実験場(めも)

たまには占星術の話。


長いこと土星と海王星が獅子座・水瓶座にあって
力くらべをしているものだから、そこに巻き込まれる方々は大変である。

牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座、の皆さんね。


しかし、そこはもう、あんまりにも長くこの状態なものだから人間っていうのは
慣れの生き物なのである。
いい加減マヒ。


マヒしてきても影響が無いわけではないから、何かの刺激があればまた何かあるでしょう。


で、木星。


山羊座に移りますね。良かったですね。
良い人には良い、よく無い場合もある。良いものも、良くないものも、くれるのが木星。


木星なんて、12年に一度その星座にやってくるから誰でもある程度年を取れば
一度や二度、二度や三度、経験があるのでいいのである。


問題は。


冥王星。


山羊座に移るのよ。


誰も知らない世界。


冥王星が見つかってから山羊座の冥王星は人類は経験していない。


どうなるのかなんて知らない。


冥王星が去る射手座の人たちもどうなるのか。


スポーツ熱が冷めるんだろうか(←カンタンすぎる)。


木星と冥王星が一緒に来るのは射手座が経験済み。そこは参考になるかもしれない。


どうでるか。



まぁ、注目ではある。といいつつあまり関係無いな、とも思っている(私の配置としては)。



山羊座のちゃっかり具合がとんでもないことに!とか。・・・迷惑だなぁ。



冥王星はわかりづらい。


3回ほど行ったり来たりする。一撃、二撃、三撃とボディブローのように効いてくる。


まぁ、スクエアでくるわけではないのでね。


スクエアくらうのは牡羊座と天秤座。


蟹座のオポとか、トラインの牡牛座・乙女座とか、どうなるのかね。



海王星と天王星も度数移動がある。何か、動くかな。
d0091021_061953.jpg

by Neko-Dama-c | 2007-05-29 00:08 | 占い

一番怖いものは

一番怖いものは?

自分がわからなくなること。


今も、わかんないけど。


去年よりは、いい。



d0091021_0334020.jpg

上から目線は大事だ。
何かを見下している上から目線ではなく、俯瞰でものを客観的に冷静に見る、ということ。


d0091021_0351340.jpg

ものごとの成り立ちに思いを寄せる。どういう作りなのか。一面だけで判断すると失敗する。
by Neko-Dama-c | 2007-05-27 16:30 | スピリチュアル

私の血管には吟醸酒が流れているのよ

d0091021_2221485.jpg

吟醸酒といっても生なので高級品では無いです。

休肝日が確実に減っていく。

もっとお酒が強かったらなぁ。

そうすれば『今週の酒蔵』の4種類を一度に飲めるのになぁ。

限度は1合だから、3杯しか飲めないんだよねー。

そうすると2回来ないと飲めないわけで。

『今週の酒蔵』は今週だけなわけで。

強かったらなぁ、と思うけど、強かったら大変だぞ、とも思う。

つまみ2品盛りとお酒3杯(60ml×3=180ml)で小1時間。

一人で行って一人で飲んで一人で帰る。楽しー。

d0091021_2223183.jpg

常設酒まで手が回らない。回らないうちに今ステージも終わる・・・。



そんなこんなで最近のわたくし(?)
d0091021_2224024.jpg

まぁ、気持ち良さそうではある(笑)
by Neko-Dama-c | 2007-05-24 18:00

しゃべれどもしゃべれども

久しぶりの友人と飲み。

飲み、と言っても喋りがメイン。いや~喋った喋った。


それほど、以前は仲が良かったとはいえない間柄だったし、今もそうでもない。
しかし、2人会えば喋るだねー。


お互い、マイナスを手放し、プラスを引き寄せる道に移行したのだよ。うん。


それでもって、私にとって「過去」の人たちの名前が出てきても
テレビのニュースほども、心が動きませなんだ。
ほほー、と思ったですよ。自分の無反応さに。
d0091021_23173131.jpg

by Neko-Dama-c | 2007-05-23 18:00

九頭龍神社 月次祭 その2 

元箱根に戻り、箱根神社へおまいり。

人が全然減っていません。かえって増えてます。どこもかしこも行列。

d0091021_012296.jpg

箱根神社の末社の来宮神社(右側)と日吉神社(左側)。
来宮神社、すごい立地。木の根の上にあります。
d0091021_02571.jpg


こちら側から入ると空気が変わるのが良くわかります。
湖に面した鳥居(平和の鳥居)から上がることもできますが、本来の一の鳥居、二の鳥居、という流れだとこちらが素直な感じ。
d0091021_031691.jpg


塗りたて?鳥居がぴかぴか。ここから階段を登って参拝です。
この鳥居の手前に手水舎があり、その更に手前には御神木があります。
御神木の前の階段を下り、道を渡ると「平和の鳥居」に出ます。芦ノ湖から一直線。
d0091021_053240.jpg


お参りするのにも行列でした・・・。ここの赤は独特ですね。少し黒っぽいというか。
d0091021_08677.jpg

行列。列の向こう側の建物で御守などが売っています。こちらで水を入れるペットボトルも販売しています。龍のシールが貼ってあります。
d0091021_094993.jpg


こちらは隣の九頭龍神社。箱根神社と九頭龍神社は板垣で仕切られているだけですが、
空気の違いがわかると思います。行ったり来たりしてみるといいかもしれません。
参拝で並んでいる人の列と、水を汲むために並んでいる人の列・・・。
d0091021_0132453.jpg


ふと空を見上げると、こんな。
d0091021_221044100.jpg

安産杉。良い木です。山ノ神。触っていく女性が多いですが、一番、顔立ちが真剣になるように見えます。
d0091021_2213249.jpg


併設の式場で結婚式が執り行われていました。とても美しい白無垢の花嫁さんが写真撮影をしていました。お天気も良く、幸せのおすそ分けをいただいたようでこちらまで嬉しい気持ち。


こちらが平和の鳥居。水がかなり押し寄せていました。風の強い日は足元に気をつけましょう。
d0091021_22155062.jpg


玉村豊男さんのミュージアムが出来ていました。イタリアンレストランも併設されていて、ゆったりお茶ができます。日当たりが良すぎるので座る席には注意が必要ですが。
あの辺りはちょっとお茶したい~と思っても、昔ながらのお店しかなく、その点は悩みどころでしたが、こちらはその点は良いです。ピザは思いのほか大きいサイズでした。一人一枚とか頼むと多すぎるかも。

お店を出たら、こんな雲。ウロコっぽい?
d0091021_22221552.jpg



九頭龍神社参拝は
・バスは小田原出発がおすすめ。
・お得な乗車券等を上手に使いましょう。
・おトイレは混むので水分摂取は注意しましょう。
(駅、元箱根の船乗り場、船、湖尻の九頭龍神社横、にトイレはあります)
・バス、船共に往復券の場合は無くさないように注意。
・初穂料を入れた封筒は船に乗る前に渡さないと神事のときに名前を読んでもらえないかも。
・神事は1時間はかかるので、そのつもりで。
・歩きやすい靴が良いと思います。
・お水を汲みたい人は空き容器など持って行きましょう。(神社でも容器は売っています)


こんなところでしょうか。
by Neko-Dama-c | 2007-05-13 14:30 | 神社

九頭龍神社 月次祭 その1

箱根にある九頭龍神社の月次祭へともだちと行ってきました。

※文中の情報はあくまで私の体験から出たもので、各自、自己責任で判断してください。


朝 7時20分 小田原駅待ち合わせ。
   7時30分 東口 バスターミナル 5番乗り場出発。

箱根湯本にもバスは泊まりますが、小田原出発時に満席で出発することがほとんどなので
できることなら小田原出発にしたほうが無難。

月次祭のときはバスの往復券が発売されます。お得です。

1時間以上バスに乗るのでトイレは済ませて乗りましょう。
元箱根の船乗り場にもトイレはありますが、大混雑します。
どこでもトイレ時間を余裕持ちましょう。水分の摂取も控えめに。
(九頭龍神社のそばにもトイレはあります。トイレットペーパーはありません。)

船乗り場でバス往復券の半券を拾いました。落とし主は現れず。もったいないので
ちゃんとしまっておきましょう。


船乗り場は大混雑します。券の売り方とか、封筒を書く場所とか 、工夫の余地は山ほどあると
思うのだけれど。
d0091021_21412722.jpg


ここで注意。
乗船券と一緒に封筒が2つ渡されます。
ひとつにはお米と小豆が入っていて、これは龍への供物です。神事のあと、湖に撒きます。
もうひとつには自分の名前、願い事など必要事項を書いて初穂料を入れて船乗り場の人に
渡します。
初穂料はいくらでも良いのですが、千円が一般的だそうです。
封筒を自分でお賽銭箱に入れるために手に持っていた人がいました。
「一緒でしょ?」と言っている人が多かったのですが、
事前に渡しておかないと、神事の際に名前と願い事を読み上げてもらえません。
(乗り場の人でこのことを説明している人は一人だけでした)
最初の船に乗れれば神事の直前に書いてその場で渡すことも可能性は無くもありませんが、
事前に渡しておいた方が無難です。
d0091021_21384483.jpg


d0091021_2151576.jpg

船は数便でます。船が着いてから神社までも少し歩きます。
キャリーケースを持っている人やハイヒールの人がいましたが、ちょっと大変そうでした。
d0091021_21395686.jpg

(一応舗装はされてますが、でこぼこです。写真に写ってる道の倍は距離を歩きます)
d0091021_21435838.jpg

(神事開始前です。)


神事は10時から。
参加者の数が多ければ、読み上げる名前も増えるので当然、時間も長くなります。
宮司さんたちは全ての名前を同じ調子で読み続けてくださいます。
司会進行役の方がいるので指示に従いましょう。

d0091021_21542853.jpg

おまいりができない、ということはありませんし、ここでは横入りということも基本的にはありません。
九頭龍神社の神事が終わると、引き続き、九頭龍神社の階段を下りて弁天社の神事に移ります。
それが終わると一般の参拝者の参拝開始です。
d0091021_21561357.jpg

(神事終了直後。階段下付近、足元が見えないので気をつけて)
九頭龍神社に参拝し、階段を下りて弁天社に参拝、近くから湖に供物を捧げる、というのが
一般的な流れのようです。
d0091021_21594427.jpg

(手前が弁天社。奥に見えるのが九頭龍神社。)
d0091021_223414.jpg

最初の帰りの船は湖尻を11:55に出ます。これに乗れる人は少ないと思います。
そのときによって時間はわかりませんが、
この日は湖尻発は11:55、12:35が最終ですが、13時台に増便していました。
d0091021_2253162.jpg

弁天社の向かい側にこの鳥居はあります。
弁天社のそばからボートも出るようですが、別料金ですし、必ずいるとも限らないようです。
(この日は初めはいませんでした)
d0091021_2281790.jpg

この鳥居の左が弁天社。右が湖。手前がボートの船着場。


白龍神社は船着場のすぐ右側にあります。白いお宮。
d0091021_2295186.jpg

4ヶ月前より更に痛みが進んだような。
こちらにも信じられないほどの行列。参加者が圧倒的に多かった1月より多い。
2便目の船の時間が近づいていました。
私たちもギリギリで間に合いました。
皆、その船で帰りたいのはやまやまですが、ちゃんと順番を守っていました。
ところが。
「ちょっと、ごめんなさい」と言ったものの、10人ほどの順番を抜かしておまいりを済ませて
船に飛び乗った人が・・・・。驚いた。


d0091021_2215839.jpg

帰りの船から富士山が見えました。
by Neko-Dama-c | 2007-05-13 10:00 | 神社

青い灯、赤い灯

銀座の街は美しい。

夜だって美しい。




青い灯。
d0091021_22501828.jpg


赤い灯、というか虹色の灯。
d0091021_22504962.jpg





滲む街の灯、夜風は優し。
by Neko-Dama-c | 2007-05-12 23:03


つれづれ生きております


by Neko-Dama-c

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

鵜澤 雅 十七回忌追善能
at 2013-12-23 12:30
ユネスコ
at 2013-12-22 12:52
定例公演
at 2013-12-18 18:15
国立能楽堂30周年記念「あぜ..
at 2013-12-17 18:30
金春円満井会 特別公演
at 2013-12-15 13:00

メモ帳

検索

カテゴリ

全体
神社
占い

お能
スピリチュアル
2008 神社
映画

タロット
2008夢
2009~ 映画まとめ
2009~ 酒まとめ
2011.07~お能まとめ
2011 酒
2010 酒
2009 酒
パスワーク

2008 酒
toni
ACIM 課題
ACIM 本文
2012 酒
2013.1~ お能まとめ
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月

フォロー中のブログ

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

画像一覧